相続したご実家、昭和56年以前に建設ならばご注意下さい!富山県高岡市の空き家管理は前田プランニングオフィス!

2018年05月08日(火)11:16 AM

こんにちは、富山県高岡市の前田プランニングオフィスの前田です。

 

さて、相続診断士として活動している中で多くの相続問題を取り扱ってきましたが、空き家が発生する原因の多くは相続によるものだと考えられます。

 

そんな中、ご実家を相続した場合築年数の経った住宅である事も多く、その様な場合特に注意しておかなくてはならない事があります。

それは昭和56年以前に建てられたものは旧耐震基準で建てられていて現在の耐震基準は満たしていないため、地震により崩壊の危険性がやや高いという事です。

 

地震による空き家崩壊のリスク

 

 

空き家問題、相続問題全般でお困りでしたら、富山の相続診断士・前田プランニングオフィスまで是非、お気軽にご相談下さいませ。

 


◆前田プランニングオフィス 前田敏・行政書士事務所
TEL:0766-25-5500 FAX:0766-25-5588
富山県高岡市鐘紡町5番2号
対応エリア:高岡市・南砺市・砺波市・射水市・氷見市・小矢部市
ホームページ:http://www.maedaplan.jp

私の番組 「富山の相続診断士 前田敏の相続・終活・くらしデザイン」

ラジオURLはこちら→ http://fmimizu.seesaa.net/

 


  |  

過去の記事