特定空家等に対する是正措置について

2016年08月23日(火)10:02 AM

皆様こんにちは。空き家管理促進ネットの岩井です。

  まだまだ暑い日が続きますが、体調には気を付けてくださいね。

さて、今回は特定空家等に対する是正措置についてお話します。
「特定空家等」と市町村に判断された場合、いきなり強制的に取り壊し等が
行われるわけではありません。

最初に、市町村長は特定空家等の所有者等に対して、除去(建物の解体)、
修繕、立木竹の伐採等の必要な措置をとるように助言又は指導を行います。

  ↓

次に、助言や指導を受けても改善をしない場合は、相当の猶予期限を付けて
改善するように勧告を行います。

  ↓
  
さらに、勧告を受けても正当な理由がなく改善を行わない場合は、相当の
猶予期限を付けて改善するように命令します。
この改善命令が出される場合は、あらかじめ対象者に対して弁明の機会を
与えなければなりませんので、改善できない理由があるときにはこの機会を
利用して、弁明することができます。
また、自己に有利な証拠を提出することもできます。
  
  この改善命令にも従わずに改善が完了できない場合は、行政庁が自ら必要な
措置を履行できる行政代執行の手続きに移ります。
  この「改善が完了できない」場合には、改善を行わない場合はもちろん、
改善を行っても不十分な場合、改善が猶予期限までに完了する見込みがない
場合も含まれますので注意が必要です。
  
  なお、改善命令に違反した場合は、50万円以下の過料に処せられます。

 空家等の管理や処分などでお困りの方は、事務局までお気軽にご相談ください。
    画像①
お問合せ先:
TEL 052-265-5876
お客様mail
事業者様mail


  |  

過去の記事