空家を放置するデメリット(愛知県名古屋市・ダイコク産業(株))

2017年11月09日(木)10:49 AM

皆さんこんにちは。

愛知県で空き家管理サービスを行っているダイコク産業(株)です。

さて、空き家を放置していると将来的なデメリットは多くあります。

まず1つ目は犯罪や災害等の予期せぬ被害です。
老朽化した住宅が小さな揺れの地震に耐えられずに崩壊してしまったり、敷地内への不法投棄・不法侵入・放火といったトラブルが発生することで住宅への損害だけでなく近隣住民へ被害が及ぶ可能性もあります。

空き家管理 防犯 火災 放火 住宅

2つ目は、所有者としての責任を問われる危険性です。上記の様に老朽化した住宅が倒壊した場合や、道路への越境問題等、空き家を放置した事によって周囲の人や建物に被害を及ぼせば所有者が責任を問われ損害賠償責任を問われる事になる可能性があります。

そして3つ目は、金銭的なデメリットです。
老朽化が進んでしまうことで建物の資産価値が大幅に下がってしまったり、特定空家等に指定され行政からの助言・指導・勧告・命令に従わない場合は固定資産税の特例措置の適用が除外され、固定資産税が約6倍になったり「命令」に従わない場合は最大50万円の罰金が科せられる可能性もあります。

 

このように空き家を放置するデメリットが非常に多いため、適切な管理をすることが重要です。

ご自身で管理が行えずお悩みでしたら是非、お気軽にダイコク産業(株)までご相談下さい。

 


ダイコク産業株式会社
TEL:052-581-7123 FAX:052-581-7116
愛知県名古屋市中村区那古野一丁目43番5号
対応エリア:名古屋市を中心とした愛知県全域
ホームページ:http://www.daikoku-sangyo.co.jp/


  |  

過去の記事