空き家は傷みが早いと言われる原因(静岡県・(株)シャンテックへ!)

2017年10月27日(金)12:39 PM

こんにちは、静岡県にあるシャンソン化粧グループ会社、(株)シャンテックの大滝です。

さて、住宅というのは人が住んでいると意識的に換気をしていなくても、人の動きによる風や屋外との出入りの際に外の空気が入り込むので、上手く空気の入れ替えができています。

 


しかし、空き家だと中で生活する者は一切存在しないので、同じ空気が溜まり続けてしまい湿度も変化がしないため、湿気による劣化が随所に生じたりカビが発生する恐れがあります。

 

 

「これから乾燥する季節だから大丈夫なのでは?」と思われるかもしれませんが、冬場では室内と室外の温度差により結露が溜まります。この結露は窓だけではなく押し入れやクローゼットでも発生し、湿気が溜まる原因となる為乾燥する冬場でも換気作業は必ず必要になるのです。

 


空き家を所有しているのなら少なくとも月に1度は訪れて内部に足を踏み入れて、全ての窓やドアを開け放つといった管理が必要になります。


換気は窓や扉を全て解放し、その状態で最低でも1時間、季節や気温によっても差があるので、環境によってはそれ以上を行う事をおすすめします。

 

換気を行うだけで家の傷みを随分と遅らせる事ができますよ。ご遠方にお住まい等の理由でご自身で管理が出来ずお困りでしたら是非、㈱シャンテックにお任せください!

 


◆株式会社シャンテック
静岡県静岡市葵区紺屋町12-8
対応エリア:静岡県中部地区 、静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市
TEL:054-272-5111

FAX:054-272-7638
メールアドレス:info@chantec.jp


  |  

過去の記事