空き家に関するデータ(熊本県)

2017年10月03日(火)10:24 AM

空き家に関するデータ、今日は熊本県です。

 

住宅戸数 804,300戸

空き家数 114,800

空き家率 14.3%

 

2016年4月14日に発生した熊本地震。

それからおよそ一年、2017年5月。

熊本市内の地震の際「全壊」と判定された2軒の木造2階建て住宅が倒壊し、そのうち1軒が市道を塞ぎました。

空き家は基本的に持ち主の許可がないと解体することができません。

たとえ公費解体が認められても、全半壊の住宅が1万7千棟以上に上り、申請から着手まで長く順番待ちとなるケースが多くなっています。

空き家があるだけで今回のような二次災害やご近所トラブルなどさまざまな問題がおこります。

過疎が進む地方でこれから空き家を活用していく事がいかに大切か考えさせられますね。

 


  |  

過去の記事