「宮城・仙台の空き家管理なら(株)Nコーポレーションへ!」スズメバチにはまだまだ要注意!10月までは発生のピークです!

2017年09月20日(水)2:38 PM

 

宮城県、東京都、福島県の空き家・空き地・留守宅の管理を行っているNコーポレーションです。

さて、人の住んでいない空き家は蜂にとって絶好の巣作りの場となるのですが、刺されると危険なスズメバチの巣等は発見次第早急に撤去する必要があります。

スズメバチの発生ピークは8月から10月です。女王蜂は冬を越すことが出来ないため、この時期に繁殖期を向かえます。

繁殖期になると攻撃性が高くなり、蜂の巣の周辺に近づく生物に対しては大きさを問わず攻撃を仕掛けます。スズメバチに襲われた際、最悪の場合は死に至る可能性もありとても危険です。

空き家や庭木等の人の目の届かない場所に巣が作られているケースでは発見が遅れて巨大な巣になっている事もあるので一日でも早く除去する必要性があります。


(株)Nコーポレーションの空き家管理では通常の管理作業に加えて、蜂の巣が作られていないかの確認を行っており、また万が一蜂の巣が作成された場合でも適正に除去する事で周囲に被害が出ないように万全の体制を整えております。

しっかり管理を行いご近隣にお住まいの方などが被害にあわないように対策しましょう!

 


◆株式会社Nコーポレーション
TEL:0224-34-2341 FAX:0224-34-2869 
対応エリア:福島県、東京都、宮城県

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字小妻坂75-31

ホームページ:http://www.ncorp.co.jp/vacant_house/


  |  

過去の記事