「空家管理・宮城」仙台市「特定空き家」解体費用 助成金の方針(刈田郡蔵王町・(株)Nコーポレーション)

2017年06月06日(火)12:35 PM

こんにちは、Nコーポレーションの宇田川です。

河北新報が掲載した記事によると

仙台市は「市空家等対策計画(2017~21年度)の最終案をまとめ、

2017年、2018年度を集中対策期間と位置付け、空き家解体費用の助成など自主的な改善を後押しする。 

解体費用の助成は、倒壊など周囲に危険を及ぼす恐れのある「特定空き家」の解体費用の半額を60万円を上限に支援する方針。(http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170318_11055.html

と、あります。

宮城県の空き家率は全国で一番低い9.1%、仙台市では10.0%と全国平均の13.5%を下回っています。

青葉区が発行している市政だより「2016年7月号・特集2」でも空き家についての特集が組まれており各市町村が空き家について意欲的に取り組んでいる事が伺えます。

これを機に、宮城県の空家減少に繋がっていけばいいなと感じます。

仙台市 · 石巻市 · 塩竈市 ·等宮城県全域、その他、福島県、東京都空家でお困りの方はお気軽にご連絡下さい。

 


◆株式会社Nコーポレーション
TEL:0224-34-2341 FAX:0224-34-2869
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字小妻坂75-31
ホームページ:http://www.ncorp.co.jp/vacant_house/


  |  

過去の記事