「空家管理・兵庫」空き家のゴキブリ対策は産卵期に合わせて対処しましょう(姫路市・(株)シャトー)

2017年04月24日(月)5:00 PM

こんにちは、株式会社シャトーの三好です。

GWがすぐそこまで来ていますね。皆様どうぞ楽しい予定を計画してくださいね。

「気持ちが悪い」虫の代表とも言えるゴキブリ、中には名前を聞くだけでも顔をしかめる方もいますね。

最も活動的になる時期は7月~8月の暑い時期ですが、5月~活動を始めて産卵をはじめます。

産卵期は5月~10月。卵は40日で孵化します。

ゴキブリの住み家として好まれるのは、人の目が届きにくい食器棚や引き出しの奥、冷蔵庫や電子レンジの裏など空き家は彼らにとって住み心地の良い環境になります。

一見、気持ちが悪いだけで特に害が無さそうに思われるゴキブリですが、細菌等を媒介して人間に感染する可能性も0ではありません。また、ゴキブリの糞などに反応するゴキブリ・アレルギーもあり、ハウスダストアレルギー保持者にはよくアレルギー反応が見られるそうです。

害虫駆除のプロメーカー「アース製薬株式会社」によると、この活動期である5月~8月の間に駆除することでゴキブリの発生は大幅に減らすことが出来るそうです。

活動期から、最盛期を迎える前のいま、しっかりと対策しておくことで、ゴキブリを効率よく減らす事が出来ます。

 

 

ゴキブリ駆除の対策をご希望の場合はお声がけください。

播州姫路、兵庫で空き家の管理にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご連絡お待ちしております。


◆株式会社シャトー
TEL:079-288-2839 FAX:079-226-0255
兵庫県姫路市北八代1-10-19
ホームページ:www.chateauhimeji.jp


  |  

過去の記事