空き家におきるトラブルをご紹介!:弘英産業(株)の空き家管理サービス!

2020年11月17日(火)12:28 PM

こんにち。

東京都・神奈川県・千葉県で空き家管理を行っている弘英産業です。

 

さて、ご実家が空き家になってしまう・転勤や海外赴任で長期間留守にする。こういった場合、空き家・留守宅にどの様なトラブルが起きるのか気になりますよね。

今回は事件等に繋がる大きなトラブルではなく、実際におきやすい身近な内容をご紹介したいと思います。

 

①害獣・害虫被害

 春~夏/蜂

 通年/猫・アリ・鳥の糞

 戸建であればどの家もリスクがある様に感じます。これらは特に多いですが、他にもイタチやハクビシンも比較的可能性が高いと言えます。

 

 

②ゴミのポイ捨て

 建物周辺や駐車場・お庭でよく発見します。缶・ペットボトルや袋菓子の様なゴミが多いですが中には食べ終わったお弁当のゴミがある事も。悪臭や害虫の発生に繋がります。駅近・近場にコンビニ等がある等、立地が大きく関係しているのかもしれません。

 

 

③飛来物

 台風の時は勿論、季節に関係なく風の強い日の影響で予期せぬものが飛来してる事も多くあります。管理看板を設置していると発見したご近所の方がご連絡してくれるケースもあります。

 

 

④室内・家具へのカビ

 特に今年の様に梅雨が長い場合発生しやすい様です。畳・椅子の座面・押し入れにある布団や衣類は要注意です。

 

空き家の湿気対策 梅雨の準備

 

⑤建物や備品の劣化

 ご実家に多い様に感じますが、トタン屋根・カーカバーなどの劣化、石畳やブロック塀などの破損や隙間の発生、雨漏りは時々発見します。決して頻繁という訳ではありませんが、実際に何度か発見されているものです。

 

 

どれもどの家でも起こり得る可能性が高いトラブルのご紹介でした。いかがでしょうか。

是非空き家は放置せず、定期的な管理を行って下さいね。

 

ご自身で管理が出来ずお困りでしたら是非、弘英産業にお任せ下さいませ。

ご相談・お見積りは無料ですよ☆

 

★対応エリア★

東京都

東京23区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区)

東京都武蔵野市、三鷹市、調布市、府中市、稲城市、柏江市、

神奈川県川崎市、

千葉県市川市、浦安市、習志野市、船橋市、松戸市、流山市、柏市

 


◆弘英産業株式会社
TEL:03-5620-3888 FAX:03-5620-3877

東京都江東区三好4-6-2
対応エリア:東京23区 東京都下一部、神奈川県川崎市、千葉県一部
ホームページ:https://koei-akiyakanri.com/


  |  

過去の記事