北九州市が行う点在空き家の面的対策:福岡県の空き家・留守宅管理ならマーク若松(株)へ

2019年09月12日(木)11:58 AM

皆さんこんにちは。

福岡県北九州市で空き家管理サービスを行っているマーク若松(株)です。

 

さて、9月8日の西日本新聞によると北九州市は、一定のエリア内に点在する空き家、空き地などを一体で再開発するモデル事業に乗り出したそうです。(参照:西日本新聞 「点在空き家、一体開発へ 北九州市 地権者情報、業者と共有」)

 

記事によれば、隣接地と合わせて土地の区画を広げ、新たな大きな住宅地として売り出したり、道路幅の拡張を想定する他、空き家を子育て世代向けに改修したり福祉施設などへの活用など利用価値も向上する面的な整備につなげる取り組みという事です。

 

北九州市 イラスト 空き家対策

 

 

本年度中に市内にモデル地区を3か所選び、その後市全体に広げるという事です。3カ所のモデル地区を選び、そ
既にモデル地区の候補地を選び、8月末から地権者に敷地の売却意向などのアンケートを実施中という事で、早ければ10月ごろにモデル地区が選ばれ、具体的な再開発が始まるのは来年度以降となる見通しだそうです。

 

空き家の面的な対策は政令市で初めてという事。

モデル地区へ注目が集まりますね。今後も注目していきたいと思います。

 


◆マーク若松株式会社
TEL:093-791-8894 FAX:093-701-9894 
福岡県北九州市若松区畠田2丁目1番35号
対応エリア:北九州市を中心とした福岡県全域
ホームページ:https://ma-kuwakamatu.jimdo.com/


  |  

過去の記事