空き家管理、作業時には瓦の状態確認も行っています。:兵庫県なら、はりま空家管理サービス(運営:(有)東播加工)

2019年08月02日(金)2:19 PM

兵庫県姫路市、高砂市を拠点に加古川市、播磨町、稲美町の3市2町を中心として

はりま地域の空き家管理をおこなっている「はりま空家管理サービス」です。

 

梅雨も明け暑い夏がやってきました。そしてまた台風シーズンの到来です。

空き家のお家は築年数が30年以上のものが非常に多いですね。

 

空き家の屋根材の多くは粘土瓦で日本に古くから伝わる伝統的な屋根材です。

互自体の寿命は50年とも100年ともいわれ耐久性に優れ定期的な塗り替えの必要もなく

非常に優れたものです。

 

ただ瓦を固定している漆喰が築15年を経過するとぽろぽろと落ちて瓦がずれたり剥がれたり

することがあります。

 

 互漆喰 

 

特に台風による強風や大雨をきっかけにこの状態になってしまいます。

互のずれや剥がれは雨漏りにも繋がりますし、互の落下を引き起こして他人に怪我をさせて

しまう危険性があります。

 

互割れ連鎖反応

 

空き家管理のお家の状態を確認する時は瓦の状態だけを見るのではなく漆喰の状態もしっかり

見るように心掛けています。

 


◆はりま空家管理サービス(運営:有限会社東播加工 空き家管理事業部)
TEL:0120-57-3836 FAX:079-253-7306
兵庫県姫路市別所町北宿410-2(本社)
兵庫県高砂市北浜町北脇255-8(連絡事務所)
対応エリア:姫路市高砂市加古川市を中心とした播磨地域
ホームページ:https://www.harima-akiyakanri.jp


  |  

過去の記事