空き家が災害の被害に。応急安全措置費用は所有者へ請求:兵庫や大阪ならNPO法人ロフネス尼崎

2019年02月19日(火)2:17 PM

こんにちは、兵庫県尼崎市で空き家管理を行っているNPO法人ロフネス尼崎です。

 

さて、「災害大国」とも言われている日本では、台風、大雨、大雪、洪水こうずい、土砂どしゃ災害さいがい、地震じしん、津波つなみ、火山噴火ふんかなどの自然災害が発生しやすい国土となっています。

 

それら災害によって家屋が破損したり倒壊する危険が伴います。

空き家の場合、所有者が遠方に住んでいる事も多く、緊急事態が発生しても事態に気が付いていない場合や、所有者の方と直ぐに連絡がつかず緊急措置が遅れて二次災害に繋がる危険性が高まります。

 

 

その様な事態を防ぐ為に、空き家適正管理条例による「台風・大雨等の緊急時における空き家等に対する応急措置」によって、空き家等で所有者と連絡が取れなくても自治体が必要最小限の措置を行なうことができる事となっており、兵庫県でも過去に数多くの緊急措置が行われています。

(国土交通省HP:緊急時の対応について条例に基づき対処した事例(兵庫県の事例8件掲載)

その際に発生した費用は後々に所有者へ費用請求が行われる事となっています。

 

破損や倒壊は、日頃の管理不全によって住宅の老朽化が進んでいる事も影響してきます。ご遠方に空き家をお持ちの方は、空き家管理サービスを活用する等して、定期的な管理や緊急時に備える準備を整てておく事をおすすめします。

兵庫県尼崎市を中心に阪神地区・大阪市などにある空き家の管理でお困りでしたら是非、ロフネス尼崎にお任せ下さいませ。

 

 


◆NPO法人ロフネス尼崎
TEL:06-6435-9559 FAX:06-6435-9588
兵庫県尼崎市神田中通3丁目30 グラン・ノアールビル302号
対応エリア:兵庫県尼崎市を中心に阪神地区・大阪市など
ホームページ:http://roughness-ama.com/

 


  |  

過去の記事