高岡市の空き家管理なら前田プランニングオフィス:草木の繁茂や害虫の発生等のも行政執行の対象に。

2018年10月02日(火)10:58 AM

こんにちは、富山県高岡市の前田プランニングオフィス 前田敏・行政書士事務所の前田です。

 

さて、今回は立木の越境や雑草の繁茂による行政代執行の例をご紹介したいと思います。

「特定空家」「行政代執行」というと倒壊の恐れのある危険な空き家等、住宅をご想像する方も多いかもしれませんが、空き家の庭木等も行政代執行の対象となる可能性があります。

 

国土交通省によるとH28年9月に滋賀県東近江市で草木等の除去による行政代執行を実施しました。

(参照:国土交通省HP 空き家対策に関する情報提供

 

 

その背景には、空き家となった住宅の所有者が死亡し、その後約4年間管理不全状態が継続し、草木が繁茂、蚊やムカデ等の害虫が発生。既に周辺住民の生活環境に悪影響を及ぼしており、対応の緊急性が高いとして、市は地内の草木等の除去の略式代執行を実施した様です。

 

ここで注意しておきたいのは、助言(指導)→勧告→命令→代執行という順序があり、助言に従わない場合は次に勧告が入るという様に厳しくなっていき、最後に代執行になるという事ですので草木が繁茂したからといってすぐに代執行になるわけではありません。

 

とはいえ、空き家や庭木が放置された状態であれば近隣の方々に迷惑をかけている事になりかねないので、その様な状態にならない様に定期的な管理を行い、良好な環境を維持しておきたいですね。

 

高岡市・南砺市・砺波市・射水市・氷見市・小矢部市にある空き家の管理でお困りでしたら是非前田プランニングオフィスまでお気軽にご相談くださいませ。

 


◆前田プランニングオフィス 前田敏・行政書士事務所
TEL:0766-25-5500 FAX:0766-25-5588
富山県高岡市鐘紡町5番2号
対応エリア:高岡市・南砺市・砺波市・射水市・氷見市・小矢部市
ホームページ:http://www.maedaplan.jp

私の番組 「富山の相続診断士 前田敏の相続・終活・くらしデザイン」

ラジオURLはこちら→ http://fmimizu.seesaa.net/

 


  |  

過去の記事