空き家管理なら北九州市のマーク若松(株):「放置空家」では税金対策にはならない。しっかり維持・管理を!

2018年08月16日(木)11:48 AM

皆さんこんにちは。

福岡県北九州市で空き家管理サービスを行っているマーク若松(株)です。

 

戸建て住宅の実家や空き家

 

さて、放置空き家が増え続ける理由として「税金対策」として土地の上に空き家を所有し続ける事が挙げられます。
というのも、固定資産税の仕組みとして土地に建物があると固定資産税が最大で6分の1に軽減される制度があります。その為、空き家が取り壊してしまうと固定資産税の支払いが増えるため放置したまま所有し続けてているというパターンが考えられます。

 

しかし、平成26年5月26日に完全施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」いわゆる「空き家対策特別措置法」により放置空き家が税金対策を目的として所有し続ける事が難しくなりました。

 

というのも、「特定空家等」に指定された場合等には固定資産税等の特例(優遇措置)から除外されてしまうからです。

「特定空家等」についての解説はこちらをご覧下さい

 


また、そもそも近隣住民の安全や地域の景観を守る為にも行政から指導が入る前に、自らしっかりと維持・管理を行って頂きたいと思います。また、建物を良い状態で保つ事で新たな活用法が見付る可能性も広がってきます。

 

北九州市を中心とした福岡県内にある空き家の管理・ご活用でお困りでしたら是非、マーク若松にご相談下さい。お客様にとって最適な方法をご提案させて頂きます。

 


◆マーク若松株式会社
TEL:093-791-8894 FAX:093-701-9894 
福岡県北九州市若松区畠田2丁目1番35号
対応エリア:北九州市を中心とした福岡県全域
ホームページ:https://ma-kuwakamatu.jimdo.com/


  |  

過去の記事