空き家管理なら北九州市のマーク若松(株):2018年の夏、スズメバチが急増!?事前対策をしっかりと。

2018年08月09日(木)11:04 AM

皆さんこんにちは。

福岡県北九州市で空き家管理サービスを行っているマーク若松(株)です。


さて、夏から秋の間スズメバチの活動が活発化するので注意が必要となりますが、今年は例年より更に深刻な問題になる恐れがあります。

 

なぜかというと、スズメバチは4月頃から巣作りを始めます。

しかし、雨に弱い為例年だと梅雨時にある程度流されてしまうのですが、今年は梅雨が短くて数が減らず結果として増加に繋るからです。

 

2018年の蜂増加の危険 空き家管理

 

空き家に出来た巣をそのままにしておくと蜂が急増する可能性が高くなるため、早めに駆除する事が大切になります。

また、スズメバチに刺されるとアレルギー性のショック症状である「アナフィラキシーショック」に陥ってしまい、最悪の場合死に至るケースもある為大変危険です。

 

その様な被害者を出さないためにも、空き家を定期的に見回り、巣が出来ていた場合は早めの駆除を行なうことによって近隣の方達を守ることに繋がります。

ご遠方などにお住まいなどの理由で定期的な見回りや管理が行えない場合は是非、マーク若松の空き家管理サービスをご用命くださいませ。

北九州市を中心とした福岡県全域に対応します!ご相談無料です!

 


◆マーク若松株式会社
TEL:093-791-8894 FAX:093-701-9894 
福岡県北九州市若松区畠田2丁目1番35号
対応エリア:北九州市を中心とした福岡県全域
ホームページ:https://ma-kuwakamatu.jimdo.com/


  |  

過去の記事