空き家管理 関西なら奈良産経企画(株):蜂の巣を見つけた場合、まずは連絡を!

2018年07月30日(月)11:20 AM

皆さんこんにちは、

奈良市の奈良産経企画(株)の梅本です。

 

さて、空き家に命に危険があるスズメバチなど蜂の巣が作られている場合、近隣住民の方が勝手に門戸を開けて私有地に侵入したら罪に問われるのでしょうか?

 

空き家に出来た蜂の巣

 

「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物」に侵入すると、刑法の住居侵入罪に問われる可能性があります。


正当な理由が認められた場合、住居侵入罪が除外される場合もある様ですが、通学路であったり迂回路が無い場合など様々な要件がありそれらが認められた場合のみとなります。

 

また、駆除する前に所有者等に通知する義務があったりするのでトラブルを避ける為にも、空き家に出来た蜂の巣を見つけても勝手に駆除せず役所や自治体などに相談に行く事をおすすめします。

 

蜂の巣が作られる事は自然の摂理ともいえますが、空き家所有者の方の管理責任が問われる問題でもあります。トラブルを避ける為にも定期的な管理を行い、ご近所迷惑をかけないように努めて頂きたいと思います。

 

ご自身で管理が行えない場合は是非、奈良産経企画の空き家管理サービスを御活用下さいませ。しっかりと管理する事でご近所トラブルを未然に防ぐ事に繋がります!

 

 


◆奈良産経企画株式会社
TEL:0742-95-7373 FAX: 0742-32-5130
奈良県奈良市七条町118番地
対応エリア:大阪府、阪神間、奈良県、京都南部(一部除外エリアあり)
ホームページ:http://www.sankeikikaku.co.jp/


  |  

過去の記事