空き家管理 富山県高岡市なら前田プランニングオフィス:老人ホームへ入所後実家が空き家になったら

2018年07月19日(木)11:12 AM

こんにちは、富山県高岡市の前田プランニングオフィス 前田敏・行政書士事務所の前田です。

 

さて、「人生100年時代」と、耳にする事も多くなってきました。とはいえ、その間ずっと健康でいられるとは限らず、長生きした両親が認知症などで意思能力が覚束なくなることもあります。

意思能力が不安定になった場合、本人に変わって財産の管理や意思決定を行う成年後見人という代理人を立てる法的な制度があります。

成年後見人は、本人のために様々な手続を本人に代わって行うことができます。老人ホームなどへ入所した人が成年後見されている人(被成年後見人)であった場合、空き家になった自宅の処分についても成年後見人が家庭裁判所の許可を取った上で判断することが可能です。

ホーム入所後に空き家になった自宅を売却しない場合は、成年後見人からの依頼で空き家の維持管理を行う業者を利用することもできますので高岡市・南砺市・砺波市・射水市・氷見市・小矢部市にある空き家の管理でお困りでしたら是非、前田プランニングオフィスにご相談ください。

 


◆前田プランニングオフィス 前田敏・行政書士事務所
TEL:0766-25-5500 FAX:0766-25-5588
富山県高岡市鐘紡町5番2号
対応エリア:高岡市・南砺市・砺波市・射水市・氷見市・小矢部市
ホームページ:http://www.maedaplan.jp

私の番組 「富山の相続診断士 前田敏の相続・終活・くらしデザイン」

ラジオURLはこちら→ http://fmimizu.seesaa.net/

 


  |  

過去の記事